様々な種類がある花の苗|初心者におすすめのものを購入する

ウーマン

庭の基本は土から

庭

基本の土作り

大阪でガーデニングを始めるときは何よりも土作りが基本です。良い土では植物がすくすくと育ち、花付きも期待できます。通気性や保水性、水はけが良いというのがガーデニングの良い土の条件で、軽過ぎず重過ぎず、有機物を含んでいることも大事です。また土の酸度が高すぎると植物の根が傷んだりリン酸の吸収を妨げたりし、アルカリ度が高すぎるとマグネシウムなどのミネラルを吸収できなくなってしまうので、PHバランスにも気を付けます。大阪でガーデニング資材の取り扱いがある店であれば土壌改良剤が販売されているので、それを土に混ぜ込みます。土壌改良剤によって水はけに優れているにも関わらず、保水性と通気性の良い柔らかい土にすることが可能です。さらに植物に良い土壌菌が住み着いてくれるため、根の肥料吸収率も上がり植物がしっかりと育ちます。大阪で販売されている土壌改良剤には様々なものがあり、土の性質によって変えるのが一般的です。基本はバーミキュライトやパーライトなどの鉱物や牛糞堆肥などで、粘土質の土であれば腐葉土、砂質であれば赤玉土、酸性であれば苦土石灰、アルカリ性ならピートモスを混ぜ込むと有効です。これは一例ですので、大阪のガーデニングショップの販売員に聞いてから購入するといいでしょう。次は肥料を混ぜますが、元肥としては有機肥料が最適で、油粕や骨粉を用います。元肥だけでは肥料切れして花が付かないということもありますので、追肥として化成肥料を適宜与えます。