様々な種類がある花の苗|初心者におすすめのものを購入する

ウーマン

寒い季節の花の管理

庭

水の与えすぎに注意

冬は多くの植物が休眠するため、根が水を吸い上げなくなり成長が止まるので、他の季節の感覚で水やりを行うと植物を枯らしてしまいます。植物は休眠していても根は呼吸しているため、水を与えすぎて常に土が湿っている状態が続くと、根腐れを引き起こします。そのため冬の管理では水の与えすぎに注意して、水やりを行うときも日差しの出ている暖かい時間帯に行います。冬になって植物が冬眠している期間は根が水を吸い上げることはありませんが、植物の葉は水分を必要としています。特に、冬は他の季節よりも空気が乾燥しており湿度が低いため、手入れの方法としては霧吹きで植物の葉に湿度を与えることが大切です。また、寒さに弱い植物は冬に屋外で管理すると枯れてしまうため、寒くなってきたら早めに室内に取り込みます。室内に置いても冬は日差しが弱いため、出来る限り日が差す南か東向きの窓際に置くと、寒さに弱い植物でも問題なく冬を越せます。また室内に取り込んでも朝方は冷え込むため、窓際に置いてある場合はカーテンを閉めて保温を行います。冬は成長しない植物が多いですが、その中でもこの季節に綺麗に花を咲かせる種類があります。その代表的な花がパンジーとビオラで、花色が豊富で春まで咲き続けるため、枯れた植物の多い季節に彩りを与えます。この、パンジーとビオラは育て方が簡単で、初心者でも容易に綺麗に花を咲かせられるため、多くの場所で販売されています。パンジーとビオラは花が咲き終わったら摘み取ることで、次々に新しい花を咲かせます。