様々な種類がある花の苗|初心者におすすめのものを購入する

花を育てて目で楽しむガーデニング

ベランダや庭で楽しもう

薔薇

バラの育て方でまず最初に気を付けたいのが、樹形についてです。バラにはいくつかの樹形の種類があり、それぞれに適した栽培スペースがあります。狭いベランダや、壁面など、栽培したい場所によって適した樹形を選ぶことが重要です。

庭の基本は土から

庭

大阪でガーデニングをする前には土作りから始めますが、庭の土に合った土壌改良剤を選ぶことが大切です。庭の土は粘土質なのか、砂質なのか、PH度はどうかなどを知った上で購入すると失敗しません。土を改良したら有機肥料を混ぜ込みましょう。

寒い季節の花の管理

庭

冬の植物は根が水を吸い上げなくなるため水の与えすぎに注意して、出来る限り暖かい場所で管理します。寒さに弱い植物は屋外に置いておくと枯れてしまうため、冬になる前に室内に取り込んで、日当たりの良い窓際に置きましょう。

どの種類が良いのか

花

初心者は売れている種類を

緑に囲まれた生活は、心を癒してくれる効果があります。ガーデニングを始めるにあたり、どの種類の花の苗を植えるか考えますが、初めての場合は売れ筋の花が育てやすいでしょう。どの種類の花の苗が売れ筋なのかは、店頭で見るとよくわかります。入口に近い場所に大量に置かれていることが多いです。春はパンジーやビオラ、初夏はペチュニア、秋には再びパンジーとビオラを扱うお店がほとんどです。この種類は育てやすいため、初心者に向いています。売れ筋の花の苗は、1つのビニールポットに入って売られている他に、連結ポットになっていることが多いです。苗の大きさは小さくなりますが、4つのポットが連結していて価格が抑えられます。価格が安いものだけが良く売れている苗とは限りません。花の苗にもブランドがあります。お店独自で開発などをしたプライベートブランドや、ナショナルブランド品があるのです。ナショナルブランドは、花の形が同じでも研究開発により変わった色や形があったり、病気に強いなどの特長があります。価格は少々高めですが、苗が丈夫なので育てやすく初心者向けでもあります。売れ筋の花の苗を調べる方法は店頭だけではありません。今はインターネットを利用して花の苗を購入することもできます。ネットショップのランキングなどを見ると分かりやすいです。また、口コミや育て方などの情報も得ることができます。ガーデニングを始めるときは、店頭とネットショップで確認するといいでしょう。